ケーキ作りに必要不可欠な道具のご紹介

ケーキ作りに必要な道具でまず思いつくものは、直径15センチのイチゴのショートケーキのホールなら、材料を計るスケール、材料を入れるボール、泡立てる泡だて器かハンドミキサー、生地を型に流し込むゴムベラ、ガスオーブンか電気オーブン、焼きあがったケーキを冷ますクーラー、直径15センチのデコレーションケーキ型です。直径17センチシフォンケーキなら、直径15センチのデコレーションケーキ型の代わりに直径17センチのシフォンケーキ型になります。パウンドケーキも型がパウンドケーキ型に代わります。カスタードプリンなら、型がプリン型に代わり、牛乳を温める鍋とプリン液を濾す濾し器がいります。タルトは、型がタルト型に代わり、生地を延ばす麺棒、生地を焼くときの重し、重しを乗せるクッキングペーパーが必要になります。

スイーツ作りでおすすめの道具紹介サイト

さて、必要な道具を紹介しているサイトですが、製菓材料店のサイトにはたいていあります。それか、製菓道具の卸のサイトなら卸値価格なので市販されているものより安く品ぞろえも豊富です。ネットで確認するだけではわかりにくい場合は、店頭で同じものを手に取ってから購入すればいいと思います。また、ネットで買うことに抵抗のある人は、ネットで寸法や材質を良く調べてから店頭で買うとよいと思います。また、ハンドミキサーも製菓材料や製菓道具のサイトにありますが、電気屋さんのサイトにもあります。電気オーブンも同様です。ガスオーブンの購入を検討されているならガス器具を扱うサイトをご覧になられるとよいです。ガスオーブンは大きな買い物なので実際使っている人に使い勝手を聞くか、ご自宅担当の瓦斯屋さんに尋ねるとよいかと思います。

これさえあれば成功するスイーツ作りの道具を紹介します

今までケーキ作りをしたことのない人が新たに始めるとなると道具をすべてそろえなければなりません。そうなると、かなりの費用が一度にかかり負担になります。それならお店でケーキを買う方が安くつきます。それでは、最低限必要なものをご紹介しますと、スケールとボールと泡立て器です。最近の炊飯器はケーキを焼く機能が付いているのでそれを利用すれば出来上がります。また、熱伝導率の高い高性能なフライパンでも焼くことはできます。レシピに記載があれば、こちらもボールと泡立て器があれば焼くことはできます。クッキーは、オーブンがなくてもトースターがあれば焼けます。最近ではスイーツがブームなのでケーキ作りをする人が増えました。おかげで調理器具も色々な機能を満載して時代の波についていこうとしています。